MENU

過度のスカルプケアは逆効果?という疑問

私が今髪のことで疑問に思っているのは、若いうちから頭皮ケアをしまくるのは頭皮にいいのだろうかということです。
というのも、私の夫は20代なのにとても髪を気にしているからです。
短髪なので毛が多いとは感じませんが、かと言って薄いわけでもありません。
毛の質は固くコシがあってツヤツヤしており、いかにも健康的な髪です。
それでも彼は異様にハゲについて気にし、某巨大掲示板のハゲスレなる所も閲覧しているようです。
男性なら誰でも多かれ少なかれハゲについて心配するものだと思いますが、それでも夫の心配具合は異常です。
枕についた抜け毛を発見したでも物凄くがっかりしていますし、見ているこちらが可哀想になってくるくらいです。
どうしてハゲをそんなに恐れるのか聞いた所、なんでも遺伝による薄毛を危惧しているとのことでした。
夫の父にも会ったことがありますが、私からすればそれほど薄毛とは感じませんでした。
彼曰く若い時は物凄くふさふさで自分に似ていたが、中年辺りからみるみる毛が減っていったようです。
昔は今のようにスカルプケアは重視されていなかったようで、もしかすると若い時からケアをしていればハゲは未然に防げるのではないかと思っているみたいでした。
しかし私は、薄毛対策をするには彼はまだ少し早いのではないかなと思います。
簡単な頭皮のマッサージくらいなら私もたまにお風呂でやりますが、彼は本格的なスカルプケアグッズをいくつも使っているようです。
ストレスでハゲることもあるので、そうしたグッズで気が紛れるなら多少は効果があるのかもしれません。
しかし早い内からやりすぎると、頭皮に負担がかかってかえってよくないのでは? という疑問もあります。
私は男性のハゲはあまり気にしない方ですが、本人からすると心底悩みのようですね。

過度のスカルプケアのせいで頭皮が荒れたり、禿げたりしないことを祈っています。

このページの先頭へ